借入と堅実経営

不動産投資もふくめ、自己資金をいかに投入しないのかということにこだわる人がいます。たしかに借入することができれば、レバレッジを利かすことができるようになり、自己資金をとどめておくことができるようになるでしょう。しかし、不動産投資には、ランニングがいろいろと発生します。固定資産税をはじめ、突然の故障から修繕費が発生したりと、さまざまなものが出てきてしまい、出費がかさむ瞬間があるのです。そこに、借り入れによる返済のリスクをプラスするのは、リスクを高めるだけであることに気がつかなければいけません。

借入をするということは、それだけ利息が発生するということにつながります。順調にいっているときは、何も問題ではないかもしれません。そこも計算してあるという人が大半でしょう。ところが、空室が出始めて、収入が下がってくるとどうでしょうか。利息のリスクは重くのしかかり、大きな負担になってくるのです。

利回りも高くできるのが不動産投資の良さであることは間違いありません。ですが、実質利回りを計算した時に、本当に高めることができるのかをよく考え、計算して行かなければいけないでしょう。株などと比べて初期投資額が大きいという点もあるので、ハイリスクでハイリターンな運用よりもローリスクでミドルリターンの不動産運用を目指すのも一つの方法でしょう。

投稿者について

admin