コロナ禍、ノベルティグッズとして一番伸びたジャンルが「除菌グッズ」でした。
除菌グッズを大きく分けると【除菌ウェットティッシュ】【除菌スプレー】【除菌ジェル】の3つになります。

除菌ウェット

除菌ウェットティッシュは元々ノベルティグッズとしては定番品でしたが、コロナの影響流通が増えてしまい、大手メーカーの商品も2020年はノベルティグッズ向けの出荷がストップしたりしていました。
除菌ウェットティッシュについて
除菌ウェットティッシュはどこで作る?

除菌スプレー

除菌スプレーは、商品の多くはキッチン用の大容量タイプが主流となっていましたが、コロナ禍以降10mlや5mlなどの持ち運びが出来るサイズのボトルが商品化されて、ノベルティグッズ向けに提供されるように。
除菌スプレーについて
除菌スプレーはどこで作る?

除菌ジェル

コロナ以前から女性を中心にカバンにつけられるシリコンケース付きの除菌ジェルは人気商品でしたがノベルティグッズ向けではなくキャラクターがプリントされ市販品として流通する商品でした。
除菌ジェルについて
除菌ジェルはどこで作る?

新型コロナウイルスに効果があるアルコール濃度は?

厚生労働省のサイトによると

70%濃度のエタノール消毒液の使用を推奨しますが、現状の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、エタノール消毒液に需要に対して供給が追いつかない事態が発生しております。

新型コロナウイルスに対しては、60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告があり、70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えないと考えます。 

厚生労働省:70%以下のエタノールを新型コロナウイルスの消毒に用いることは可能ですか。

このように70%濃度を推奨はしていますが、60%台の濃度でも新型コロナウイルスに有効報告されているので、消毒に差支えがないようです。

ノベルティグッズ向けには60%台の濃度の除菌スプレーや除菌ジェルが多くみられますが、新型コロナウイルス対策として使用できる商品なので安心して渡すことが出来ますね。

除菌グッズのノベルティはどこで制作できるか

今は何でもネットで解決できる時代なので、ネットでササっと検索すれば答えは簡単に見つかりますよね。
近所のお店で簡単に作れるようなものではないので、googleなどで検索をしてみるのが一番です。

では、どんな言葉で探せばいいのか?
「除菌」だけでは、ノベルティ向けの除菌グッズにはなかなかたどり着けないので、2語や3語の複合ワードで検索することをオススメします。

今回は以下のワードで調べてみました。

「除菌 ノベルティ」で検索してみると

「除菌 ノベルティ」で検索してみると

このようにノベルティ制作会社のサイトが上位を占めています。
除菌グッズのノベルティを依頼する場合は、このような専門会社に依頼をする方が安心ですね。

「除菌 名入れ」でも検索をしてみると

「除菌 名入れ」でも検索をしてみると

ほぼ、「除菌 ノベルティ」同じ結果で、ノベルティ制作会社のサイトが上位に出てきますね。
上から順に検索結果をチェックして、用途・要望・予算に合わせた商品を用意している所に依頼するのがよいでしょう。
サイトを見てもよくわからない場合は、問合せ欄から質問・相談してみるものオススメです。